コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中長俊 やまなか ながとし

4件 の用語解説(山中長俊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山中長俊

山城守。法名紹春。為俊の子。佐々木承順・豊臣秀吉に仕え、徳川家康からも昵懇にされていた。近江六人衆の一人。著書に『中古日本治乱記』がある。慶長12年(1607)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中長俊 やまなか-ながとし

1547-1608* 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)16年生まれ。六角義賢,柴田勝家,丹羽(にわ)長秀につかえたのち,豊臣秀吉の右筆(ゆうひつ)となり「中古日本治乱記」をあらわす。文禄(ぶんろく)4年1万石をあたえられる。関ケ原の戦いで西軍に属したが,ゆるされて徳川家康につかえた。慶長12年12月24日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山中長俊

没年:慶長12.12.24(1608.2.10)
生年:天文16(1547)
戦国時代の武将。山中氏は近江(滋賀県)甲賀郡山中村,柏木御厨を本拠とする室町幕府御家人で,細川晴元のもと摂津闕郡の守護代であった長俊の父は,晴元の没落により近江六角氏の家臣となったと思われる。天正1(1573)年,織田信長に攻められ石部城に籠城した六角承禎(義賢)を信楽に脱出させ,その後も権勢の衰えた六角氏に従おうとする長俊を思いやり,承禎は強いてこれに暇を出した。柴田勝家,丹羽長秀に仕えたのち豊臣秀吉に召し出され,奏者,右筆を務める。文禄2(1593)年山城守。越前北袋銀山などの代官となり,同4年1万石を与えられた。秀吉の命で『中古日本治乱記』を著す。関ケ原の戦では石田三成方にあったが,のちに許され徳川家康の御咄衆となった。<参考文献>桑田忠親『豊臣秀吉の研究』

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかながとし【山中長俊】

1547‐1607(天文16‐慶長12)
安土桃山時代の武将。近江甲賀の人。六角義賢(承禎)の臣で,六角氏没落後も最後まで義賢に従ったという。のち織田信長に仕え,柴田勝家に属し家老,3000石。勝家滅亡後,丹羽長秀に仕え,のち豊臣秀吉に出仕。右筆(ゆうひつ)として諸事を奉行。1593年(文禄2)ごろ豊臣直領の越前北袋銀山の代官,筑前の直領代官。同年従五位下山城守。95年1万石。関ヶ原の戦では西軍に属して改易され,小禄で徳川氏に仕えた。《中古治乱記》の著者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山中長俊の関連キーワード磯野為員織田信治京極高秀(2)京極高峯吉良義昭朽木稙綱(1)上坂景重新庄直寛山岡景之脇坂安明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone