コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山九 さんきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山九
さんきゅう

港湾運送・陸運会社。 1917年磯部組として設立。 18年中村精七郎が磯部組を買収し,山九運輸 (港湾運送業) として発足。 49年より建設業,50年より通運業を開始。 59年機工部門に進出,山九運輸機工に社名変更する。以後物流,機工,建設を3本柱として発展。その後も不動産事業,倉庫業,通関業,内航海運業など多角的に事業を展開。 80年現社名に変更。新日鉄と緊密な関係にあり高炉関連の作業を得意とする。事業内容は,港湾事業 26%,陸上事業 25%,機工事業 37%,建設事業 13%。年間営業収入 3171億 5100万円 (連結) ,資本金 183億 1800万円,従業員数1万 1558名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

山九

正式社名「山九株式会社」。英文社名「SANKYU INC.」。陸運業。大正6年(1917)「株式会社磯部組」設立。同7年(1918)「山九運輸株式会社」に改称。昭和34年(1959)「山九運輸機工株式会社」に改称。同55年(1980)現在の社名に変更。本社は東京都中央区勝どき。物流・機工会社。物流事業では中国に拠点。機工事業は高炉改修に実績。情報システム・人材派遣など幅広く事業展開。東京証券取引所第1部・福岡証券取引所上場。証券コード9065。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

山九の関連キーワード土方巽(1928~86)井上 八千代(3代目)[各個指定]芸能部門村山平右衛門(3代)井上八千代(3代)井上八千代(3世)井上八千代(4代)井上八千代(5代)市村羽左衛門モロコシソウ観世 左近井上八千代片山 博通岩崎 狂雲杉浦 友雪観世 元義大西 閑雪大江 竹雪朝鮮文学真田昌幸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山九の関連情報