山口素臣(読み)やまぐち もとおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口素臣 やまぐち-もとおみ

1846-1904 明治時代の軍人。
弘化(こうか)3年5月15日生まれ。陸軍にはいり,佐賀の乱,西南戦争出征。熊本,東京の鎮台参謀長,近衛参謀長などを歴任日清(にっしん)戦争では歩兵第三旅団長。北清事変では第五師団長として北京救援軍をひきいた。明治37年大将。明治37年8月7日死去。59歳。長門(ながと)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山口素臣

没年:明治37.8.7(1904)
生年:弘化3.5.15(1846.6.8)
明治の陸軍軍人。長州(萩)藩士山口義惟の長男。戊辰戦争で奇兵隊教導役となり,北陸,奥羽に転戦し功績をあげる。明治3(1870)年大阪第2教導隊に入り,6年近衛歩兵第1連隊長に任じられ,7年の佐賀の乱に従軍した。西南戦争(1877)でも近衛歩兵を指揮,戦後功績により大阪歩兵第9連隊長,大津司令官となり,13年に歩兵第7連隊長を経たのち15年大佐に昇進。熊本鎮台参謀長を務め,19年近衛参謀長。20年9月から21年6月までアメリカ,ドイツを視察。23年少将に進み,歩兵第10旅団長ののち歩兵第3旅団長となり日清戦争に出征。戦後中将に進み広島の第5師団長に任じられた。33年中国華北に義和団が蜂起,北京の外国公使館区域を包囲攻撃するにおよび救援軍派遣となり,山口率いる第5師団が出征,日本軍を主力とする各国連合軍が義和団を破った。37年3月大将,病を得て日露戦争中に死去。

(田中宏巳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android