コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道興 どうこう

1件 の用語解説(道興の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうこう【道興】

1430‐1501(永享2‐文亀1)
室町時代の京都聖護院門跡。後知足院左大臣近衛房嗣の子で大僧正,法務,准三后となり,新熊野検校(いまくまのけんぎよう)を兼ねた。1486年(文明18)6月から約10ヵ月間旅に出て,その紀行文を《廻国雑記》にまとめた。京都から大原越えで若狭,越前を通り,北陸路は白山,立山,石動(いするぎ)山へも立ち寄りつつ関東に出,武蔵では浅草寺,忍ヶ岡,小石川隅田川を訪れ,また日光中禅寺,常陸筑波山,鎌倉鶴岡八幡宮建長寺円覚寺称名寺の諸寺,相模大山寺,安房清澄山,甲斐猿橋などを精力的に見物し,足を奥州へ延ばし白河関を越え,藤原実方の墓,松山,宮城野,松島を訪れ名取川に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の道興の言及

【廻国雑記】より

…道興准后が著した紀行文。道興は,近衛房嗣の子で,聖護院門跡,新熊野検校などに任ぜられた。…

※「道興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

道興の関連キーワード庭田重経妙法院宮尭仁法親王永享四度の宗論文亀正般承祐泰雲守琮徳若忠政日延(2)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道興の関連情報