道興(読み)どうこう

世界大百科事典 第2版の解説

どうこう【道興】

1430‐1501(永享2‐文亀1)
室町時代の京都聖護院門跡。後知足院左大臣近衛房嗣の子で大僧正,法務,准三后となり,新熊野検校(いまくまのけんぎよう)を兼ねた。1486年(文明18)6月から約10ヵ月間旅に出て,その紀行文を《廻国雑記》にまとめた。京都から大原越えで若狭,越前を通り,北陸路は白山,立山,石動(いするぎ)山へも立ち寄りつつ関東に出,武蔵では浅草寺,忍ヶ岡,小石川,隅田川を訪れ,また日光中禅寺,常陸筑波山,鎌倉鶴岡八幡宮,建長寺円覚寺称名寺の諸寺,相模大山寺,安房清澄山,甲斐猿橋などを精力的に見物し,足を奥州へ延ばし白河関を越え,藤原実方の墓,松山,宮城野,松島を訪れ名取川に至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の道興の言及

【廻国雑記】より

…道興准后が著した紀行文。道興は,近衛房嗣の子で,聖護院門跡,新熊野検校などに任ぜられた。…

※「道興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道興の関連情報