コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎為徳 やまざき ためのり

1件 の用語解説(山崎為徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎為徳 やまざき-ためのり

1857-1881 明治時代の神学者,教育者。
安政4年3月3日生まれ。熊本洋学校でL.ジェーンズからキリスト教の教えをうける。東京大学から同志社に転じ,卒業後は教授として新島襄をたすけた。熊本バンドの一員。明治14年11月9日死去。25歳。陸奥(むつ)水沢(岩手県)出身。著作に「天地大原因論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山崎為徳の関連キーワードブラジル文学アレクサンドルアレクサンドル接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone