熊本洋学校(読み)クマモトヨウガッコウ

百科事典マイペディアの解説

熊本洋学校【くまもとようがっこう】

1871年熊本城内に設けられた熊本藩立の学校。横井小楠の流れをくむ肥後実学派によって興され,米軍人ジェーンズを迎えて自然科学・地理・歴史などを教えた。キリスト教結社の一つ熊本バンドの問題にからんで5年後に廃校。海老名弾正小崎弘道徳富蘇峰らが学ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くまもとようがっこう【熊本洋学校】

1871年(明治4)に熊本藩が創立した学校。アメリカ人ジェーンズを教師に招き、キリスト教精神に基づく洋式教育を行なった。76年廃校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊本洋学校
くまもとようがっこう

1871年(明治4)熊本城内に「純然たる泰西(たいせい)文明風の学校」として創設された学校。1870年の藩政改革で教育改革に着手し、藩校時習館を廃止して、西洋の文物技術・思想を輸入することを主目的に、アメリカ人ジェーンズを招聘(しょうへい)して開校した。4年制、学生数200人。学科目は読方、習字のほかに、演説、地理学、万国史、測量学、化学、星学、人体学などの西洋学を中心とし、原語・原書による徹底した英語教育授業であった。特色は開発的自学自習、班別指導、演説(英語)の練習で男女共学方式をとった。生徒には小崎弘道(こざきひろみち)、横井時敬(よこいときよし)、海老名弾正(えびなだんじょう)、金森通倫(かなもりつうりん)、徳富猪一郎(いいちろう)(蘇峰(そほう))らがみられる。とくにジェーンズのキリスト教教育は、生徒にキリスト教思想を鼓吹した。生徒らは、1876年1月30日には花岡山(熊本市)で奉教結盟を行い、熊本バンドを結成し、近代日本プロテスタントの一潮流となった。1876年8月、ジェーンズの任期切れをもって廃校となる。生徒たちのなかには同志社(現大学)に移った者も多い。[森山恒雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熊本洋学校の言及

【熊本バンド】より

…熊本洋学校に学び,キリスト教に入信し,同志社英学校に学んだ人々。熊本洋学校は横井小楠の流れをくみ,洋学を教え,国家に有為の人物養成を目ざして自由で規律ある開発教育をした。…

【ジェーンズ】より

…陸軍士官学校を卒業,南北戦争に従軍し,士官学校で教え,大尉として退官した。熊本藩の招きで,西欧の学問を教えるために1871年来日し,熊本洋学校の教頭となった。キリスト教的信念に立つ全人格教育を唱え,寄宿舎で学生と生活を共にし,厳しいが豊かな愛情で生活訓練をし,彼らの品性と能力をひき出す開発教育をした。…

※「熊本洋学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android