コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山桑 ヤマグワ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぐわ〔‐ぐは〕【山桑】

桑の野生種。山地に自生し、高さ10~15メートル。葉は卵形。葉柄が赤くなることが多い。4月ごろ花が咲き、実は赤から黒く熟し、食用。 花=春》
ヤマボウシ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぐわ【山桑】

クワ科の落葉高木。山中に自生し、また養蚕用に広く栽植される。葉は広卵形で鋸歯きよしがあり、時に三~五裂。雌雄異株または同株。春、開花。実は夏、紫黒色に熟し甘い。材は家具・細工物用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山桑 (ヤマグワ)

植物。ミズキ科の落葉高木,園芸植物。ヤマボウシの別称

山桑 (ヤマグワ)

植物。クワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山桑の関連キーワード長谷川逸子雌雄異株柘枝伝説クワ科広卵形野生種食用山地葉柄卵形弘智

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android