コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田かまち やまだ かまち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田かまち やまだ-かまち

1960-1977 昭和時代後期の画家。
昭和35年7月21日生まれ。小さいころより,怪獣や動物の絵をえがき,詩をかく。群馬県立高崎高在学中の昭和52年8月10日エレキギターの練習中に感電死。17歳。おおくの水彩画,デッサン,詩などがのこされた。平成4年山田かまち水彩デッサン美術館が生地高崎市に開館無名の少年が全国に知られることになり,詩画集や日記などが刊行された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

山田かまち

幼少期から絵の才能を発揮し、独自の感性が光る水彩やデッサン、詩文を多く残した。高校1年の夏、エレキギターの練習中に感電死。遺作は90年代初期にブームを呼び、高校の教科書にも掲載された。

(2017-04-25 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

山田かまちの関連キーワード群馬県高崎市片岡町山田 かまち白坂道子幼少期画家

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田かまちの関連情報