コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田麟嶼 やまだ りんしょ

1件 の用語解説(山田麟嶼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田麟嶼 やまだ-りんしょ

1712-1735 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)2年生まれ。父山田宗円にまなんだのち,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の門で古文辞(こぶんじ)学,唐音(とうおん)をおさめる。神童とよばれ,室鳩巣(むろ-きゅうそう)の推薦により13歳で幕府儒官となる。のち京都の伊藤東涯に入門。天然痘(てんねんとう)のため享保(きょうほう)20年3月19日死去。24歳。江戸出身。名は正朝,弘嗣。字(あざな)は大佐。別号に尚古堂。詩集に「尚古堂文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山田麟嶼の関連キーワード入江正雄植村棋園大庭泰荻生青山滝口松嶺竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone