コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山脇玄心(読み)やまわき げんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山脇玄心 やまわき-げんしん

1594/97-1678 江戸時代前期の医師。
文禄(ぶんろく)3/慶長2年生まれ。山脇玄修(げんしゅう)の養父。曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなび,丹波福知山藩(京都府)などにつかえる。元和(げんな)6年朝廷の侍医となり,寛永20年法印。養寿院と号した。延宝6年10月8日死去。82/85歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。通称は道作。著作に「勅撰(ちょくせん)養寿録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android