コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山際淳司 やまぎわ じゅんじ

2件 の用語解説(山際淳司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山際淳司 やまぎわ-じゅんじ

1948-1995 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家,小説家。
昭和23年7月29日生まれ。55年「Number」創刊号に「江夏の21球」を発表し話題となる。56年「スローカーブを,もう一球」で日本ノンフィクション賞。平成7年5月29日死去。46歳。没後の8年毎日スポーツ人賞文化賞がおくられた。神奈川県出身。中央大中退。本名は犬塚進。小説に「タッチ,タッチ,ダウン」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山際淳司
やまぎわじゅんじ
(1948―1995)

ノンフィクション作家、小説家。神奈川県逗子(ずし)市生まれ。本名犬塚進。中央大学法学部を卒業後、文筆活動を始める。1979年(昭和54)、文芸春秋『Number』誌の創刊準備室にフリー編集者として参加。翌1980年、同誌創刊号にノンフィクション「江夏の21球」を発表、ノンフィクション作家としてデビューする。このときまで山際はスポーツ・ノンフィクションを書いたことがなかった。題材は前年のプロ野球日本シリーズ最終戦最終回。江夏豊(1948― )投手がどのように無死満塁をしのいだか、その駆け引きを描いたもの。江夏だけでなく、広島、近鉄両チームの選手や監督らに細かくインタビューし、再構成した。山際の登場によって、それまで「汗」と「涙」、「努力」と「根性」に還元されがちだった日本のスポーツ・ノンフィクションが変わった。テープレコーダーやビデオを駆使した綿密な取材により、客観的事実に裏づけられたヒューマンドラマ、文学作品として確立した。またそれはグラフィカルにスポーツ全般をみせるという雑誌『Number』の成功とともに一つの時代をつくる。
 1981年「江夏の21球」を含むスポーツ・ノンフィクション8編からなる『スローカーブを、もう一球』を発表。同年、同書により日本ノンフィクション賞を受賞。1985年『夏の終りにオフサイド』を刊行。エッセイとも小説ともつかないこの短文集では、スポーツの周辺を個人の視点で観察し、描写した。その文体は片岡義男や村上春樹とも共通した、つまりアメリカのハードボイルド小説の影響を受けた、短く即物的だが、それによってかえって抒情的である文体だった。以降、『空が見ていた』『エンドレス・サマー』(1985)、『ルーキー』(1987)、『ゴルファーは眠れない』(1992)、『彼らの夏、ぼくらの声』『ダブルボギークラブへようこそ』(1994)など、精力的に作品を発表していく。名選手や名試合、トーナメントの頂点に立つような試合だけでなく、無名選手による観客のほとんどいない試合にもドラマをみいだし、作品に仕立てる。そんな山際の特徴がよく出ているのが『逃げろ、ボクサー』(1983)である。同書で山際は、高校野球の地区予選、練習嫌いのバンタム級ボクサー、ボディビルをする生物学者などを描いた。著者最後のスポーツ・ノンフィクションとなったのが『最後の夏』(1995)である。題材は1973年のプロ野球セリーグ。9回連続リーグ優勝を目前にした川上哲治(てつはる)率いる巨人と、その行く手を阻む阪神とのゲーム差ゼロの白熱した試合を追った。1994年(平成6)4月からNHK『サンデースポーツ』のキャスターを務めたが、1995年(平成7)3月体調不良により休演。同年5月、46歳で急逝。[永江朗]
『『最後の夏』(1995・マガジンハウス) ▽『スローカーブを、もう一球』『夏の終りにオフサイド』『空が見ていた』『エンドレス・サマー』『ルーキー』『ゴルファーは眠れない』『彼らの夏、ぼくらの声』『ダブルボギークラブへようこそ』『逃げろ、ボクサー』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山際淳司の関連キーワード黒人問題北朝鮮戦争文学香港映画済州島事件イタリア映画韓国中東戦争バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山際淳司の関連情報