コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山高帽 やまたかぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山高帽
やまたかぼう

帽子の一種。 19世紀初頭,イギリスの W.ボーラーがつくったところからボーラーハット,あるいはダービーの行われる競馬場から流行したことからダービーハットの呼称もある。堅いフェルトを素材に,頭頂を高く丸くし,縁の両脇を軽く巻上げるようにしたもの。男女とも乗馬や狩猟などの際に用いた。明治になって日本にも流入し,山高帽と呼ばれ,その黒地のものは,紋付,袴の和装,フロックコートやモーニングコートの洋装のいずれの正装にも用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまたか‐ぼう【山高帽】

山高帽子」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山高帽【やまたかぼう】

硬いフェルトを用い,ブリムの端を外にそらし,頂上を丸くした男性用の帽子。19世紀中ごろ英国で考案されたといわれ,帽子屋の名にちなみボーラーとも呼ぶ。また米国ではダービー・ハットと呼ばれ,フランスではメロンと呼ばれた。
→関連項目帽子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまたかぼう【山高帽】

フェルトを堅くしてつくったクラウン(頭頂部)の丸い帽子。18世紀半ばイタリアのフィレンツェに,次いで1810年ごろイギリスにも同型のものが現れた。ロンドンではウィリアム・ボーラーという帽子屋の名にちなんで,ボーラーBowlerと呼んだ。アメリカでは19世紀半ば,ダービーderbyと名づけられ,フランスではメロンmelonと称した。ロンドン,パリ,ニューヨークの紳士たちに愛用され,19世紀末に黒が一般の礼装用となって今日まで続いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山高帽
やまたかぼう

イギリスの帽子屋ボーラーWilliam Bowlerが1850年に出した堅いフェルト製の帽子を原型にした、主として男子用帽子。ブリムが狭く、クラウンは丸くて低い。街着やビジネス用にかぶるほか、正式な乗馬用の帽子として用いられていた。イギリスではボーラーbowlerとよばれるが、アメリカではダービーderbyという。12代ダービー伯爵が、自分の創設したダービー競馬場にこれをかぶって現れたことからきている。日本でかぶり始めたのは明治の初期である。明治20年代から、断髪頭に帽子は欠かせないものとして各種の帽子が急に採用されたが、山高帽もフロックコートやステッキとともに、紳士の典型的な服装の一部として昭和初期までかぶられた。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山高帽の関連キーワードイブニングドレススナップショット帽子(ぼうし)フェルトハットシルクハットソフトハットチャップリンアンクルサム中折れ帽子オーベクスロシア美術酵母菌類アイマラザロモンソフト帽被り物高帽子サティ中折帽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山高帽の関連情報