コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山﨑武司 やまざきたけし

1件 の用語解説(山﨑武司の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

山﨑武司

プロ野球選手(内野手、外野手)。1968年11月7日、愛知県知多市生まれ。182センチ、100キロ。愛称は「ジャイアン」。愛知工業大学名電高等学校を経て、86年、ドラフト会議2位指名で「中日ドラゴンズ」に入団。89年に一軍入り。91年5月、初本塁打。同年は、6月に月間MVP獲得、ベストナインとなるなど活躍した。2000年、通算150本塁打を達成。02年のシーズン終了後、トレードで「オリックス・ブルーウェーブ」に移籍。03年、通算200号本塁打。04年12月には、新規参入したプロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」と契約、入団した。指名打者の4番として定着し、07年度は、本塁打王、ベストナインに加え、自己最高記録で初の打点王になる(108打点)。09年6月、史上5人目となるセ・パ両リーグ150号本塁打を達成。11年6月、史上2人目となる40代での100号本塁打を達成し、同年8月には史上17人目となる通算400号本塁打を放つ。同年10月に退団し、12月に古巣の「中日ドラゴンズ」へ移籍。13年5月にセリーグ最年長三塁打とリーグ最年長サヨナラ安打を記録するなど、最高齢の名物選手として人気を博していたが成績は低迷、5月27日に選手登録抹消となり、第一線から身を引く。同年7月29日、同シーズン限りで現役引退することを発表した。

(2013-7-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山﨑武司の関連キーワード内野日本プロ野球選手会外野外野手内野手張本勲広瀬叔功外野手グローブ内野手グローブポテンヒット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone