コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本一抱 おかもといっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本一抱
おかもといっぽう

[生]承応3(1654).福井
[没]享保1(1716).5.20. 京都
江戸時代中期の医師。通称は為竹,号は一得翁,守一翁,摂生堂。近松門左衛門の弟。本姓は杉森であるが,のちに平井家の養子となって平井要安と称し,元禄1 (1688) 年頃岡本一抱と改めた。 10歳で医学を学び,寛文 11 (71) 年味岡三伯に入門。貞享2 (85) 年に『新編灸法口訣入門』を出版したのを皮切りに,注解あるいは諺解した医書を続々と出し,江戸時代の医師のなかで最も多く医書を出版した人として名を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本一抱 おかもと-いっぽう

1686-1754 江戸時代中期の医師。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。越前福井藩医杉森受慶の子で,近松門左衛門の弟。京都で味岡三伯にまなぶ。古医書の平易な注釈書(諺解(げんかい)書)を数おおくのこした。宝暦4年死去。69歳。名は伊恒。通称は為竹。別号に一得斎,守一翁。著作に「病因指南」「広益本草大成」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本一抱

没年:宝暦4(1754)
生年:貞享3(1686)
江戸中期の医者。京都に生まれる。号は一得斎,通称は為竹,本姓は杉森氏。祖父は豊臣秀吉の医者,父受慶は福井藩の医者。兄は近松門左衛門。明の『内経』考証注解の動きを日本に広めた饗庭東庵門の味岡三伯に師事。のちに師と離れ,主に難解な医書を仮名交じりで平易に解説した『諺解書』を著し,広い人気を獲得した。兄の近松門左衛門から,インスタント医者増加の原因になると批判されてから,その業を断ったというが,医書の普及に功があったことは否定できない。<著作>『医学正伝或問諺解』『運気論諺解』『医方大成論諺解』<参考文献>矢数圭堂「『近世漢方医学書集成』7巻解説」

(石田秀実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岡本一抱の関連キーワード後光明天皇後光明天皇後光明天皇かつら御義口伝後西天皇シラノ・ド・ベルジュラック(Savinien de Cyrano de Bergerac)パスカル(Blaise Pascal)康熙帝・康煕帝後西天皇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone