コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本肇 おかもと はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本肇 おかもと-はじめ

1902-1994 昭和時代の薬理学者,細菌学者。
明治35年8月1日生まれ。母校金沢医大,後身の金沢大の教授。同大結核研究所長,同大がん研究所長をつとめる。リボ核酸の添加によって,溶血性連鎖状球菌の溶血毒素の生成がふえることを発見し,昭和32年学士院賞。平成6年4月8日死去。91歳。石川県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本肇
おかもとはじめ
(1902―1994)

薬理学者。石川県生まれ。1927年(昭和2)金沢医科大学を卒業。母校の教授となり、1939年、溶血性連鎖状球菌の溶血毒素の生産が、リボ核酸の添加によって増進されることを発見した。核酸の研究もまだ進んでいない当時にあって、この発見は、溶血毒素の研究はもとより、核酸の研究にも大きな刺激となるものであった。この業績によって、1952年(昭和27)日本細菌学会浅川賞、1957年学士院賞などを受賞した。金沢大学教授、同大学結核研究所所長(1954)、同大学がん研究所所長(1967)などを歴任した。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岡本肇の関連キーワード藤野恒三郎昭和時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡本肇の関連情報