コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡村司 おかむら つかさ

2件 の用語解説(岡村司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡村司 おかむら-つかさ

1867*-1922 明治-大正時代の民法学者。
慶応2年12月14日生まれ。明治32年民法研究のためヨーロッパに留学。35年京都帝大教授となる。44年家族制度を批判したため譴責(けんせき)処分をうける。大正3年大阪で弁護士を開業。かたわら京都帝大,大阪高商でフランス民法をおしえた。大正11年3月23日死去。57歳。下総(しもうさ)古河(茨城県)出身。帝国大学卒。著作に「法学通論」「思想小史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡村司

没年:大正11.3.23(1922)
生年:慶応2.12.14(1867.1.19)
明治大正期の民法学者,弁護士。茨城県出身。父は岡村忠右衛門。明治25(1892)年帝大法科卒,32年京都帝大助教授,35年教授。人類学的観点から日本の家族制度を批判,特に戸主権を前近代的なものと批判,夫婦・男女の平等を主張した。社会主義に共鳴し,著書『民法と社会主義』(1922)において私有財産制を批判した。44年,岐阜県教育会での講演で当局を批判し,文部大臣より譴責処分を受ける。文部官僚出身の岡田良平総長が講義を見回りにきたとき,「邪魔者が来たから講義はこれでやめる」と宣言して,大学総長の心得を説いた逸話は,京大では伝説となっている。大正3(1914)年弁護士に転じた。<著作>『法学通論』『思想小史』

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡村司の関連キーワード鳩山秀夫女性弁護士の誕生石坂音四郎於保不二雄川名兼四郎関信之介高橋義次永屋茂松坂佐一山中康雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone