岡田謙(読み)おかだゆずる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田謙
おかだゆずる

[生]1906.9.19. 東京
[没]1969.9.5. 神戸
社会学者,社会人類学者。文学博士。 1929年東京帝国大学社会学科卒業。台北帝国大学講師,東京高等師範学校,東京文理科大学,東京教育大学の各教授を歴任。台北帝国大学在任中,台湾先住民の社会組織の研究に従事し,多くの論文を発表した。その学風にはイギリス社会人類学の機能主義の影響が濃い。主著未開社会に於ける家族』 (1942) ,『未開社会の研究』 (44) ,『基礎社会』 (49) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田謙 おかだ-ゆずる

1906-1969 昭和時代の社会学者,社会人類学者。
明治39年9月19日生まれ。昭和5年台北帝大講師となり,台湾の先住民族の研究をおこなう。のち東京高師,東京教育大などの教授をつとめた。昭和44年9月5日死去。62歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「未開社会に於(お)ける家族」「未開社会の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

岡田 謙


芸名
岡田

性別
男性

生年月日
1958/10/08

星座
てんびん座

干支
戌年

血液型
AB

出身地
北海道

身長
170cm

体重
65kg

靴のサイズ
24.5cm

職種
タレント・俳優・女優

資格・免許
普通自動車/剣道二段

趣味・特技
読書

プロフィール
主な出演作品に、映画『陽はまた昇る』『林檎のうさぎ』『幸福の鐘』『北京原人』『鉄道員 ぽっぽや』、Vシネマ『首領の女2』『借金地獄』『キャリア・アウト』、テレビ朝日『はぐれ刑事純情派』、テレビ東京『刑事追う』、フジテレビ『三番テーブルの客』『女医・優~青空クリニック』、舞台『熱海殺人事件』『悪童日記』『カリマンタン幻想』、劇団青年劇場(年間100~150ステージ)ほか。

代表作品
映画『探偵はBARにいる2』 / テレビ東京『好好!キョンシーガール』 / 映画『BROWNIE POINT2』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android