コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡谷繁実 おかのや しげざね

美術人名辞典の解説

岡谷繁実

上州館林藩士。通称は鈕吾。山陵修補に尽す。勤王家。著書に『名将言行録』あり。大正8年(1919)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡谷繁実 おかのや-しげざね

1835-1920 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年3月12日生まれ。岡谷繁正の長男。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。大目付などをへて,文久3年中老。藩主秋元志朝(ゆきとも)の命により幕長戦争の回避にうごくが,禁門の変ののち,幕府の嫌疑をはらすため蟄居(ちっきょ)となる。維新後は修史館御用掛などをつとめ,「名将言行録」を編集した。大正9年12月9日死去。86歳。通称は鈕吾。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡谷繁実
おかのやしげざね
(1835―1920)

幕末の勤王家。上野(こうずけ)国(群馬県)館林(たてばやし)藩(秋元氏)中老。通称鈕吾(ちゅうご)、変名斯波(しば)純一郎、弾正(だんじょう)、晩年寒香園主人と号した。水戸の青山延光(のぶみつ)に師事、ついで昌平黌(しょうへいこう)に学び、のち上京して勤王に従事、1863年(文久3)藩の分領河内(かわち)国(大阪府)の雄略(ゆうりゃく)陵修復にあたった。同年幕府征長の議にあたり、藩主志朝(ゆきとも)の内命により長州に下り、その回避を運動したが、禁門の変により幕府の嫌疑を恐れて藩を追放された。維新には甲信の討幕軍に参加した。69年(明治2)帰藩、廃藩後は若松県大参事、修史局御用掛などを歴任、鎌倉宮宮司(ぐうじ)、氷川神社宮司となった。この間『皇朝編年史』『名将言行録』など著述が多い。墓所は埼玉県深谷市清心寺。[山田武麿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡谷繁実の関連キーワード青山延光板倉良顕

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android