コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩屑流(読み)ガンセツリュウ

岩石学辞典の解説

岩屑流

堆積物と流体の混合物の流れで,流れは流体と細粒の堆積物マトリクスに関係する.マトリクスは有限の降伏応力(yield strength)があり,大きな粒子を支えて重力によって移動する.岩屑流の例は泥流(mud flow)[Johnson : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の岩屑流の言及

【磐梯山】より

…活動は7月15日午前7時45分に開始され,おもな活動は最初の約2時間くらいであった。かつての小磐梯山の山頂部を構成した多量の火山砕屑物が一瞬にして(時速約80km),北麓山村を襲い,大きな被害を与えた(この火山砕屑物の流動現象を岩屑流あるいはドライアバランシュという)。被害は5村11集落におよび,死者461名に達した。…

※「岩屑流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android