コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩屑流 ガンセツリュウ

岩石学辞典の解説

岩屑流

堆積物と流体の混合物の流れで,流れは流体と細粒の堆積物マトリクスに関係する.マトリクスは有限の降伏応力(yield strength)があり,大きな粒子を支えて重力によって移動する.岩屑流の例は泥流(mud flow)[Johnson : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の岩屑流の言及

【磐梯山】より

…活動は7月15日午前7時45分に開始され,おもな活動は最初の約2時間くらいであった。かつての小磐梯山の山頂部を構成した多量の火山砕屑物が一瞬にして(時速約80km),北麓山村を襲い,大きな被害を与えた(この火山砕屑物の流動現象を岩屑流あるいはドライアバランシュという)。被害は5村11集落におよび,死者461名に達した。…

※「岩屑流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩屑流の関連キーワードセント・ヘレンズ[山]スラリー流岩屑雪崩火山災害新府城跡粒子流羊蹄山岩石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android