コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山体崩壊 さんたいほうかい

4件 の用語解説(山体崩壊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山体崩壊
さんたいほうかい

火山体の一部が崩れ落ちる現象。大規模な土石流や岩屑流を伴うことが多い。成層火山は比較的脆弱であるため,大きな噴火や地震が引き金となって崩壊することも珍しくない。1980年,アメリカ合衆国カスケード山脈にあるセントヘレンズ山で起こった噴火に伴う大規模な山体崩壊が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

山体崩壊

山体が崩れ落ちること。崩れた物質は岩屑(がんせつ)流(岩屑なだれ)として流下し、馬てい型の窪地(崩壊カルデラ)と流れ山を残す。米国セントヘレンズ火山の1980年の噴火では、山頂部北側で顕著な膨張が観察された後、地滑りと山体崩壊が発生。崩壊の数秒後に爆発による衝撃波が山の北側を襲い、樹木をなぎ倒した。続いて巨大な噴煙柱が20kmの高さまで上がり、きのこ雲をつくった。日本では1792年に雲仙岳の眉(まゆ)山で、1888年に磐梯山で山体崩壊が発生した。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんたい‐ほうかい〔‐ホウクワイ〕【山体崩壊】

山体火山活動や地震などによって、大規模な崩壊を起こすこと。1980年、米国の活火山セントヘレンズ山で起きた山体崩壊では、山頂から中腹までが崩壊し、直径1.5キロメートルもの巨大な火口が形成され、その標高は400メートルほど低くなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山体崩壊【さんたいほうかい】

火山体の一部が水蒸気爆発マグマの貫入により不安定となって大規模に崩壊する現象。地震が誘因となることもある。崩壊後には馬蹄形のカルデラを形成し,山麓には岩屑(がんせつ)なだれ堆積物がたまる。
→関連項目セント・ヘレンズ[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

山体崩壊の関連キーワード崖崩れ崩れ落ちる崩れ際焼け落ちる山崩れ生れ落ちる形崩れ崩え蛇崩れ土砂崩れ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山体崩壊の関連情報