コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松家純 いわまつ いえずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩松家純 いわまつ-いえずみ

1409-1494 室町時代の武将。
応永16年生まれ。父満純(みつずみ)が上杉禅秀の乱で斬首(ざんしゅ)されたとき,上野(こうずけ)(群馬県)新田荘から美濃(みの)(岐阜県)にのがれる。結城合戦で功をたて,武蔵(むさし)五十子(いかつこ)(埼玉県)で岩松家(礼部家)を再興。満純の領地をついで京兆家を称した岩松持国をほろぼし,応仁(おうにん)3年新田荘を奪回して両家を統一した。明応3年4月22日死去。86歳。幼名は土用松丸。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩松家純の関連キーワード室町時代横瀬国繁金山城由良氏岩松氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android