コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸野次郎三郎 きしのじろさぶろう

3件 の用語解説(岸野次郎三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸野次郎三郎
きしのじろさぶろう

江戸時代初期の京坂三味線方の名手。山本喜市と並び称せられる。元禄~正徳 (1688~1716) 頃活躍。通称次 (治) 郎三。京都祇園町井筒の主人。宝永2 (05) 年 11月京都早雲座の立三味線

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸野次郎三郎 きしの-じろさぶろう

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎三味線方,作曲家。
宝永2年(1705)京都早雲座の立三味線となり,山本喜市とならび称された。また榊山小四郎父子の舞踊曲を作曲。作品に「狐火」「古道成寺」「関寺小町」など。京都出身。通称は次郎三(じろさ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岸野次郎三郎

生年:生没年不詳
江戸中期,18世紀初めごろ,京都の歌舞伎の三味線方。通称次郎三。京都祇園町井筒屋の主人であるが,芝居の三味線方として活躍。三味線の名器「鳴神」を所持したと伝えられる。その演奏にも定評があり,三味線を弾きわけて傾城の17の位を表した,というエピソードがある。宝永2(1705)年,京都早雲座の立三味線となる。作曲も数多く行い,特に歌舞伎役者榊山小四郎父子の舞踊曲は大半を作っている。「狐火」「関寺小町」などの作品は現在も「芝居唄もの」として残されている。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岸野次郎三郎の言及

【ぬめり】より

…〈ぬめり拍子〉〈ぬめり躍(おどり)〉などもあり,遊女の道中を〈ぬめり道中〉ともいい,それを扱った歌舞伎で,傾城(けいせい)の出端歌としての〈ぬめり〉もあった。京都の三味線の名手,岸野次郎三郎が,遊女の位によって弾き分けたことは有名。なお,それらが長唄の〈めりやす〉に転訛(てんか)したという説もある。…

※「岸野次郎三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸野次郎三郎の関連キーワード歌舞伎子浅尾国五郎(初代)上村吉弥(2代)住田又七(初代)仙台文五郎段助筒井三鳥中村松江(2代)早川伝四郎三桝光五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone