コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島問屋 しまどいや

1件 の用語解説(島問屋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しまどいや【島問屋】

江戸中期まで江戸で伊豆諸島の産物の販売を委託された荷受問屋江戸時代に伊豆諸島からは生魚,干魚,鰹節,サザエアワビなどの海産物,まき,ツゲ材,シイの実,ヤシャ(ハンノキ),ツバキの実などの林産物,ツバキ油,織物などの工産物が江戸へ送られていた。これらの生産の多くは島民の共同でなされ,その出荷も島としてまとめてなされていた。島では産物を江戸へ送るとともに,生活上必要な品々を江戸で買い求め,島民に分配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

島問屋の関連キーワード伊豆七島伊豆諸島狂文八丈島御蔵島火山島地役人伊豆小笠原海溝農産物販売金額林産物の販売

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone