コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津伊久 しまづこれひさ

3件 の用語解説(島津伊久の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島津伊久
しまづこれひさ

[生]正平2=貞和3(1347)
[没]応永14(1407).5.4.
南北朝時代末期の薩摩守護。師久の長子。正平 21=貞治5 (1366) 年守護職を受継ぎ,上総介を称した。天授2=永和2 (76) 年守護職を没収され九州探題今川了俊に代られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津伊久 しまづ-これひさ

1347-1407 南北朝-室町時代の武将。
貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年生まれ。島津師久(もろひさ)の長男。総州家島津氏2代。父から薩摩(さつま)守護職をつぐ。一時守護職を九州探題今川了俊にうばわれたが,のち復職。南北朝合一後,子の守久と不和となり,奥州家2代島津元久の調停をうける。のち元久と対立(応永の内訌(ないこう)),劣勢のうちに応永14年5月4日(一説に4月6日)死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

島津伊久

没年:応永14.5.4(1407.6.9)
生年:貞和3/正平2(1347)
南北朝時代の薩摩国(鹿児島県)守護。師久の嫡子。上総介。父師久から貞治5/正平21(1366)年に同守護職を譲渡され,薩摩郡碇山城(川内市)を拠点とし山門院など薩摩国中北部を領した。が、鹿児島郡を掌握していた大隅国(鹿児島県)守護島津氏久は薩摩国内で軍事動員を九州探題今川了俊を通じて行っており,伊久と氏久は領国経営で補完的な関係にあった。永和1/天授1(1375)年の少弐冬資謀殺事件を契機に薩摩・大隅両国守護は了俊の手にわたるが,永徳2/弘和2(1382)年薩摩国守護に復職すると,子息守久と対立し,家宝類を陸奥守島津元久に譲渡した。奥州家による守護領国形成を認知した人物といえよう。没日には,4月6日(5月13日)との説もある。<参考文献>山口隼正「薩摩国守護」(『南北朝期九州守護の研究』)

(福島金治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津伊久の関連キーワード鹿児島薩摩国府鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩川内市国分寺町鹿児島県薩摩郡鹿児島県鹿児島市中央町鹿児島県薩摩川内市中郷伊集院忠国島津元久島津師久

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone