コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐小六(初代) あらし ころく

2件 の用語解説(嵐小六(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐小六(初代) あらし-ころく

1710-1786 江戸時代中期の歌舞伎役者。
宝永7年生まれ。3代嵐三右衛門の高弟で,大坂,京都,江戸で活躍。女方と若衆方をかねた。「重井筒(かさねいづつ)」のお房の手綱染めの衣装を「小六染」としてはやらせた。安永5年一世一代として山姥(やまうば)をつとめたのち,出家し是心と号した。天明6年7月26日(一説に23日)死去。77歳。前名は吉田小六。後名は嵐三右衛門(5代),嵐小七(初代)。俳名は紫朝,雛助,杉鳥。屋号は吉田屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

嵐小六(初代)

没年:天明6.7.26(1786.8.19)
生年:宝永7(1710)
江戸中期,上方の歌舞伎役者,座本。屋号吉田屋。俳名紫朝など。通称小七。3代目嵐三右衛門の門弟。吉田小六の名で子供芝居,中芝居を勤め,嵐小六と改めて享保12(1727)年若衆形として京都夷屋吉郎兵衛座で大芝居の初舞台を踏む。のち若女形に転じて極上上吉にまで位を上げた。晩年には5代目三右衛門として立役も勤めた。安永4(1775)年と翌年に京坂で一世一代(引退興行)。器量に恵まれ,時代物,世話物また所作事,武道事,濡れ事と諸芸を器用にこなしたが,芸自慢で役の性根をおろそかにするのが難であった。当たり役は「蘆屋道満大内鑑」の葛の葉など。名跡は明治初期の6代まである。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』1,2期

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵐小六(初代)の関連キーワード上方歌舞伎歌舞伎子歌舞伎役者古今節小詰小佐川常世(2代)関三十郎(初代)仙国彦助(2代)段助藤川山吾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone