嵐雛助(読み)あらしひなすけ

世界大百科事典 第2版の解説

あらしひなすけ【嵐雛助】

歌舞伎俳優。初世嵐小六が,2世市川団十郎からもらった俳名雛助(すうじよ)を訓読みにして息子の芸名にしたのが始まり。10世まであり,初世と2世が有名。(1)初世(1741‐96∥寛保1‐寛政8) 初世嵐小六(後に5世嵐三右衛門)の実子で,幼名を岩次郎。俳名眠子(みんし),眠獅。1751年(宝暦1)大坂三桝座で初舞台,雛助を称す。青年期は女方,後に立役に転じ,公家悪を得意としたが,所作事にも秀で,94年(寛政6)には三都随一の無類の位にまで上った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android