コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐雛助 あらしひなすけ

1件 の用語解説(嵐雛助の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あらしひなすけ【嵐雛助】

歌舞伎俳優。初世嵐小六が,2世市川団十郎からもらった俳名雛助(すうじよ)を訓読みにして息子の芸名にしたのが始まり。10世まであり,初世と2世が有名。(1)初世(1741‐96∥寛保1‐寛政8) 初世嵐小六(後に5世嵐三右衛門)の実子で,幼名を岩次郎。俳名眠子(みんし),眠獅。1751年(宝暦1)大坂三桝座で初舞台,雛助を称す。青年期は女方,後に立役に転じ,公家悪を得意としたが,所作事にも秀で,94年(寛政6)には三都随一の無類の位にまで上った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嵐雛助の関連キーワード十代目市川団十郎市川団十郎(八代目)不破市川左団次市川団蔵河原崎長十郎筋隈団菊左成駒屋成田屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone