嵩山居中(読み)すうざん こちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵩山居中 すうざん-こちゅう

1277-1345 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。西澗子曇(せいかん-しどん)の法をつぐ。2度元(げん)(中国)にわたり,古林清茂(くりん-せいむ)らに師事。元亨(げんこう)3年帰国後,京都の南禅寺,建仁(けんにん)寺,鎌倉円覚寺,建長寺住持となる。康永4=興国6年2月6日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。俗姓は源(みなもと)。諡号(しごう)は大本禅師。著作に「少林一曲」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android