コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵩山居中 すうざん こちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵩山居中 すうざん-こちゅう

1277-1345 鎌倉-南北朝時代の僧。
建治(けんじ)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。西澗子曇(せいかん-しどん)の法をつぐ。2度元(げん)(中国)にわたり,古林清茂(くりん-せいむ)らに師事。元亨(げんこう)3年帰国後,京都の南禅寺,建仁(けんにん)寺,鎌倉円覚寺,建長寺住持となる。康永4=興国6年2月6日死去。69歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。俗姓は源(みなもと)。諡号(しごう)は大本禅師。著作に「少林一曲」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵩山居中の関連キーワード南北朝時代大法大闡大方元恢宝山浮玉建治

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android