コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶽(だけ)きみ

デジタル大辞泉プラスの解説

嶽(だけ)きみ

青森県岩木山の嶽高原地区で生産されるトウモロコシ。キミは津軽弁でトウモロコシを意味する。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

嶽きみ[果菜類]
だけきみ

東北地方、青森県の地域ブランド。
青森県嶽地区で生産されたとうもろこし。約40年前に標高約450mの弘前市嶽地区で栽培が始まった。きみとは、青森の方言でとうもろこしのこと。嶽地区特有の火山灰土壌で通常のとうもろこしよりも日数をかけじっくり熟成させて栽培する。特徴は、生でも食べられるほど甘く、コクのある美味しさ。旬は9月中旬から10月中旬。糖度の上がっている朝早くに収穫し、鮮度と味を維持するため即日出荷される。2007(平成19)年4月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5042511号。地域団体商標の権利者は、つがる弘前農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android