川路(読み)かわじ

精選版 日本国語大辞典「川路」の解説

かわ‐じ かはぢ【川路】

〘名〙
① 川沿いの道。また、川へ行く道。川を渡って行く道。
※万葉(8C後)一四・三四〇五「上毛野をどのたどりが可波治(カハヂ)にも児らは逢はなも一人のみして」
② 川の道筋。川の航路。→天(あま)の河路(かわじ)

かわじ かはぢ【川路】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「川路」の解説

かわ‐じ〔かはぢ〕【川路】

川に沿った道。また、川へ行く道。
「上野(かみつけの)乎度(をど)の多杼里(たどり)が―にも児らは逢はなもひとりのみして」〈・三四〇五〉

かわじ【川路】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「川路」姓の人物
川路聖謨(かわじとしあきら)
川路利良(かわじとしよし)
川路柳虹(かわじりゅうこう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android