コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左沢 あてらざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左沢
あてらざわ

山形県中部,最上 (もがみ) 川中流沿いの大江町の中心集落。旧町名。最上川の支流,月布川が本流に合流する地点に発達した小さな城下町。五百 (いも) 川峡谷の出口に位置し,最上川の上流と中流を境する。かつては最上川水運の中継点であった。これより上流の米沢盆地へは,小鵜飼船が上った。ベニバナ,青苧 (あおそ) ,漆などの取引が盛んであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

左沢【あてらざわ】

山形県西村山郡の旧町で,現在の大江町中心地区。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

左沢
あてらざわ

山形県中央部、西村山郡大江町の中心地区。旧左沢町。最上(もがみ)川左岸に位置し、呼称は川の「左方(あちら)」または「あちらの沢」からおこったという。江戸時代には庄内(しょうない)松山藩左沢領の中心地で、最上川舟運の中継地として発達した。国道287号、458号が通じ、JR左沢線の終点となる左沢駅がある。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の左沢の言及

【大江[町]】より

…山形県中央部,西村山郡の町。1959年左沢(あてらざわ)町,漆川村が合体,改称。人口1万0537(1995)。…

※「左沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

左沢の関連情報