左近司政三(読み)さこんじせいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

左近司政三
さこんじせいぞう

[生]1879.6.27. 大阪
[没]1969.8.30. 東京
海軍軍人。海城中学を経て海軍兵学校,海軍大学卒業後,オランダ,イギリスに駐在。帰国後『矢矧艦長,『長門』艦長などをつとめ 1927年軍務局長となり,翌 28年中将に昇進した。 30年,ロンドン海軍軍縮会議首席随員となり,軍縮条約交渉に尽力,海軍内では条約派と目された。その後海軍次官,佐世保鎮守府長官などを歴任。退役後第3次近衛文麿内閣の商工相,鈴木貫太郎内閣国務相となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左近司政三 さこんじ-せいぞう

1879-1969 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
明治12年6月27日生まれ。イギリス駐在後,海軍省人事局長,軍務局長となり,昭和3年海軍中将。5年ロンドン海軍軍縮会議に出席。海軍次官,第三艦隊司令長官などを歴任。退役後は北樺太(からふと)石油社長,第3次近衛内閣の商工相,貴族院議員。終戦時は鈴木内閣の国務相。昭和44年8月30日死去。90歳。山形県出身。海軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android