コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左野勝司 さの かつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左野勝司 さの-かつじ

1943- 昭和後期-平成時代の石工。
昭和18年2月27日生まれ。中学卒業後,国内外の石造文化財を通し独学石工としての技術を習得。昭和40年左野石材店を創業。53年飛鳥建設の社長。藤ノ木古墳石棺や高松塚古墳石室など,寺院・神社の石造文化財の調査や修理・復元にたずさわる。また,イースター島のモアイ像の修復にもあたった。国内外の石造り遺跡の修復や発掘において独学で技術を開発し,数多くの文化財の保存に尽力したとして,平成19年吉川英治文化賞。和歌山県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

左野勝司の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリザ・バンド

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android