コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己酉約条 きゆうやくじょう

大辞林 第三版の解説

きゆうやくじょう【己酉約条】

1609年(慶長14)己酉の年に対馬の宗義智が朝鮮王朝と結んだ通交貿易に関する条約。日本からの使は将軍と宗氏に限り、歳遣船は年二〇隻とすることなどが定められた。慶長条約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きゆうやくじょう【己酉約条】

1609年(慶長14)朝鮮が対馬の大名宗義智に与えた通交貿易上の諸規定。同年が己酉の年に当たるのでこの名があり,己酉条約,慶長条約ともいう。全13ヵ条で,宗氏への米・大豆の賜給,日本からの使節の接待法,宗氏の歳遣船数などを細かく規定。通交方法・条文の構成などは中世以来のものを踏襲しているが,内容は文禄・慶長の役の影響で,通交者を日本国王(徳川将軍),対馬島主(宗氏),対馬島受職人(対馬の朝鮮官職を授けられた者)に限り,歳遣船数を20隻に減らす(戦前は30隻)など,対馬にとって不利となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の己酉約条の言及

【日朝貿易】より

…役後8年間にわたる困難な講和交渉の末,1607年(慶長12)朝鮮国王の使者が来日し,徳川氏による交隣関係の回復がはかられた。これによって対馬からの通交貿易も,09年己酉(きゆう)約条締結とともに開始され,宗氏の特殊な位置が,近世に至ってもなお継続されることになった。しかし今回の条約により,歳遣船が20隻に減らされ,本来はこの定約外にあった特送船(特殊な任務をおびて派遣される使船)も3隻に限られ,歳遣船数の内に入れられてしまった。…

※「己酉約条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

己酉約条の関連キーワード景轍玄蘇朝鮮王朝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android