コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市中肺炎(院外肺炎) しちゅうはいえんいんがいはいえん Community-Acquired Pneumonia

1件 の用語解説(市中肺炎(院外肺炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しちゅうはいえんいんがいはいえん【市中肺炎(院外肺炎) Community-Acquired Pneumonia】

◎細菌性と非細菌性がある
 日常生活を送っている人が、病医院の外で感染し発症する肺炎が市中肺炎で、細菌性と非細菌性があります。
 1993年度の厚生省(現厚生労働省)の調査によると、日本で肺炎のために医療機関を受診する患者数は、全体でみると人口10万人あたり19人ですが、65歳以上の高齢者にかぎってみると、10万人あたり83人と大きく増えています。
 一口に市中肺炎といっても、年齢や別の病気をもっているかどうかなどによって、原因となる微生物、症状や治療もかなりちがいます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

市中肺炎(院外肺炎)の関連キーワード細菌性食中毒細菌性赤痢心内膜炎抗菌性細菌性髄膜炎細菌性肺炎感染型細菌性食中毒抗菌効果細菌性感染症細菌性殺虫剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone