コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来乙彦 イチキオトヒコ

2件 の用語解説(市来乙彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちき‐おとひこ〔‐をとひこ〕【市来乙彦】

[1872~1954]官僚・政治家。鹿児島の生まれ。大蔵省の主計局長・次官を経て加藤友三郎内閣の大蔵大臣となり、第一次大戦後のインフレ是正に取り組んだ。のち日本銀行総裁に就任すると、関東大震災に伴うモラトリアム実施や金融恐慌への対策などに尽力。総裁辞任後は東京市長や参議院議員を歴任した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市来乙彦 いちき-おとひこ

1872-1954 明治-昭和時代の官僚,政治家。
明治5年4月13日生まれ。大蔵省にはいり,主計局長から大正5年次官。11年加藤友三郎内閣の蔵相。翌年日銀総裁となり,関東大震災,金融恐慌,金解禁の難局にとりくんだ。大正7年貴族院議員,昭和3年東京市長,22年参議院議員。昭和29年2月19日死去。81歳。鹿児島県出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市来乙彦の関連キーワード松浦鎮次郎遠藤源六仙石政敬高瀬伝西野元野中清秦豊助松木幹一郎吉田茂(2)渡辺勝三郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone