コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市貝町(読み)いちかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市貝〔町〕
いちかい

栃木県南東部,下野平野の東部にある町。 1954年市羽 (いちはね) ,小貝 (こかい) 2村が合体して市貝村となり,72年町制。中心地区は市塙 (いちはな) で,沖積低地上にあり,米菓,時計部品の製造工場が立地,真岡鐡道が通る。周辺では米,ムギ,トマトおよびタバコを栽培。重要文化財の入野家住宅,大畑武者絵資料館などがある。町域の一部は那珂川県立自然公園に属する。面積 64.25km2。人口 1万1720(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市貝町の関連情報