コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏山藩 からすやまはん

3件 の用語解説(烏山藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏山藩
からすやまはん

江戸時代,下野国 (栃木県) 那須郡烏山地方を領有した藩。天正 18 (1590) 年以降,成田氏3万 7000石,松下氏2万 8000石,堀氏2万石,板倉氏5万石,那須氏2万 2000石,永井氏3万石,稲垣氏3万石を経て,享保 10 (1725) 年大久保常春が入封し2万石,次いで3万石を領してのち,子孫が廃藩置県まで在封した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

からすやまはん【烏山藩】

江戸時代下野(しもつけ)国那須郡烏山(現、栃木県那須烏山市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は学問所。烏山城は豪族那須氏の居城だったが、1590年(天正(てんしょう)18)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐に参陣せず、改易(かいえき)された。一時織田信雄(のぶかつ)が配流されていたが、翌91年に成田氏長(うじなが)が2万石で立藩した。その後3万7000石に加増されたが、家督相続争いで1622年(元和(げんな)8)に改易された。以後、23年に松下重綱(しげつな)、27年(寛永(かんえい)4)に堀親良(ちかよし)、72年(寛文(かんぶん)12)には譜代の板倉重矩(しげのり)が5万石で入封(にゅうほう)した。次いで81年(天和(てんな)1)に外様の那須藩藩主の那須資弥(すけみつ)が2万石で入封、さらに87年(貞享(じょうきょう)4)に永井直敬(なおひろ)、1702年(元禄15)に稲垣重富(しげとみ)、25年(享保(きょうほう)10)に若年寄の大久保常春(つねはる)といずれも譜代が入封、常春は老中となって相模(さがみ)国に1万石加増、3万石となった。以後明治維新まで大久保氏8代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、烏山県、宇都宮県などを経て、73年栃木県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏山藩
からすやまはん

下野(しもつけ)国(栃木県)烏山に居所を置いた譜代(ふだい)藩(前期は外様(とざま)藩)。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉の小田原攻めに際し、烏山城主であった那須資晴(なすすけはる)は参陣を怠ったため改易された。そのあとに一時、織田信雄(のぶかつ)が配流されていたが、翌年には武蔵忍(むさしおし)(埼玉県)から成田氏長(うじなが)が2万石で入封し当藩を興した。関ヶ原の戦い後加封され3万7000石となったが、その後、継嗣(けいし)をめぐる内紛から減封され、1622年(元和8)には泰之(やすゆき)の急死とともに改易された。成田氏のあとは1623年に松下重綱(しげつな)、27年(寛永4)に堀親良(ちかよし)が入封、35年には全領検地が実施された。堀氏は親昌(ちかまさ)のとき、72年(寛文12)信濃(しなの)(長野県)飯田(いいだ)へ転封となり、同年三河(愛知県)中島から譜代の板倉重矩(しげのり)が5万石で入封、81年(天和1)には武蔵岩槻(いわつき)(埼玉県)へ転封した。かわって那須郡において1万2000石を領有していた那須資弥(すけみつ)が2万石で入封した。那須氏は家督継承の問題で1687年(貞享4)に改易され、あとへ永井直敬(なおひろ)が入封、1702年(元禄15)に上総(かずさ)(千葉県)大多喜(おおたき)から稲垣重富(しげとみ)が入封し、1725年(享保10)に志摩(三重県)鳥羽(とば)に転封するまで在封した。稲垣氏のあと、近江(おうみ)国(滋賀県)から若年寄の大久保常春(つねはる)が2万石で入封し、その後老中となり相模(さがみ)(神奈川県)に1万石を加増されて3万石となり、以後、忠胤(ただたね)から忠順(ただとし)まで8代、約150年間在封して明治維新を迎えた。烏山県、宇都宮県を経て、1873年(明治6)栃木県に編入された。[阿部 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone