コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布留遺跡 ふるいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布留遺跡
ふるいせき

奈良県天理市布留町にある古墳時代遺跡縄文土器出土するが,大和盆地における古式土師器 (はじき) の標式遺跡。滑石製品や特殊な遺構の状態から,集落址としてよりも祭祀関係の遺跡であろうといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふるいせき【布留遺跡】

奈良県天理市天理教会構内にある古墳時代の遺跡。土師器はじきを多く出土。東に縄文後期の遺跡が隣接する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布留遺跡
ふるいせき

奈良県天理市布留町を中心として広がる、先史時代から近世に及ぶ遺跡群の総称。奈良盆地東辺の丘陵から流下する布留川によって形成された扇状地に位置している。1938年(昭和13)末永雅雄(まさお)、小林行雄らが最初の発掘調査を行い、敷石のある遺構をみいだし、これに伴う多くの土師器(はじき)を採集した。小型丸底坩(かん)を中心とするこれらの土師器は、弥生(やよい)土器に続く型式として、布留式土器と命名され、この名称は現在、4世紀から5世紀初頭ごろまでの土師器の型式名称として全国的に用いられている。1955年(昭和30)以後、周辺の開発に伴い、天理大学参考館が連年発掘調査を実施し、旧石器時代のナイフ形石器、縄文時代早期~晩期の土器、縄文時代後期の住居跡、弥生時代中・後期の土器などのほか、古墳時代前期の祭祀(さいし)に用いられた滑石(かっせき)製品も多く出土した。保存状態のよい古墳時代の木製大刀(たち)装具は、当時の刀の製度を知る重要資料である。古代の石上神宮寺(いそのかみじんぐうじ)跡も発掘されている。[金関 恕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の布留遺跡の言及

【石上神宮】より

…朝廷の武器庫にふさわしい蔵品である。なお近接する布留遺跡では5世紀代の刀剣の木鞘や把頭が多量に発見されており,本社の伝承と関連する遺構・遺物と見られている。【水野 正好】 現拝殿は,桁行き5間,梁間2間の母屋の四周に庇をめぐらした形で,周囲に高欄つきの縁をめぐらす。…

※「布留遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布留遺跡の関連キーワード奈良県天理市布留町石上

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android