コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希薄溶液 キハクヨウエキ

2件 の用語解説(希薄溶液の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きはく‐ようえき【希薄溶液】

溶質の濃度が十分に薄い溶液。理想溶液の性質を示すほど希薄な溶液は理想希薄溶液とよばれ、溶質の種類によらず、蒸気圧降下沸点上昇凝固点降下などの現象が溶質のモル分率に比例し、ラウールの法則ヘンリーの法則が成り立つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

希薄溶液
きはくようえき
dilute solution

濃度が十分に薄く、諸性質が理想溶液に近い溶液。溶質間の相互作用が小さいので、たとえばファント・ホッフの浸透圧の法則が成り立つ。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

希薄溶液の関連情報