コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単軸結晶 たんじくけっしょうuniaxial crystal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単軸結晶
たんじくけっしょう
uniaxial crystal

1本の光軸をもつ結晶で,一軸結晶ともいう。六方晶系正方晶系三方晶系の結晶がこれに属し,c 軸 (主軸という) が光軸である。同じ波長の同じ方向に進行する光でも,光の振動方向が主軸と垂直であるか垂直でないかによって屈折率が異なり,複屈折を示す。この異方性は誘電率,磁化率,電気伝導率熱伝導率熱膨張率などの物質定数においても同様で,主軸方向の定数 α と主軸に垂直方向の定数 α で表わされ,主軸とθの角度の方向では α cos 2θ+α sin 2θ で表わされる。これらの物質定数は2階の対称テンソルであるが,高階テンソルとなる圧電気,弾性などでは異方性は複雑である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たんじく‐けっしょう〔タンヂクケツシヤウ〕【単軸結晶】

光軸が1本だけの結晶。正方晶系・六方晶系・三方晶系の結晶がこれに属する。一軸性結晶。一軸結晶。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone