コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常寂光土 じょうじゃくこうど

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じゃっこうど〔ジヤウジヤククワウド〕【常寂光土】

天台宗で説く四土の一。法身の住んでいる浄土。真理そのものを世界としてとらえた、一切の浄土の根源的な絶対界。寂光土寂光浄土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじゃっこうど【常寂光土】

天台宗でいう四土のうち、最高のもの。仏の悟りである真理そのものが具現している世界。寂光土。寂光浄土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常寂光土の関連キーワード天台宗仏土宇宙

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android