常寂光土(読み)じょうじゃくこうど

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じゃっこうど〔ジヤウジヤククワウド〕【常寂光土】

天台宗で説く四土の一。法身の住んでいる浄土。真理そのものを世界としてとらえた、一切の浄土の根源的な絶対界。寂光土寂光浄土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじゃっこうど【常寂光土】

天台宗でいう四土のうち、最高のもの。仏の悟りである真理そのものが具現している世界。寂光土。寂光浄土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐じゃっこうど ジャウジャククヮウド【常寂光土】

〘名〙 仏語。四土の一つ。常楽我浄の四徳を具する法身毘盧舎那仏の住する浄土。常寂光。寂光土。
秘蔵宝鑰(830頃)下「証此理仏亦名常寂光土毗盧遮那

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android