コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陽 ジョウヨウ

2件 の用語解説(常陽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうよう〔ジヤウヤウ〕【常陽】

茨城県東茨城郡大洗町にある、日本原子力研究開発機構高速増殖炉実験炉。昭和52年(1977)運転開始。平成19年(2007)に発生した故障のため運転休止中。名称は施設が立地する地域の旧国名である常陸(ひたち)の異称に由来。正式名称は高速実験炉常陽。→もんじゅ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陽 じょうよう

木戸常陽(きど-じょうよう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の常陽の言及

【核燃料】より

…また,カナダで開発した重水炉の燃料も同様の形態であるが天然ウランを使用している。実験炉〈常陽〉を設置して日本でも開発が進められている液体金属冷却高速増殖炉では,プルトニウムの高速中性子による核分裂を利用するが,燃料心材はプルトニウムとウランの混合酸化物であり,被覆管としてはステンレス鋼を使用している。冷却材の温度を高めるためと高速中性子の吸収はあまり物質によらないことからステンレス鋼が採用され,また出力密度を高めてもペレットの温度があまり上がらぬように,燃料棒の直径は約6mmと軽水炉にくらべて非常に細い。…

※「常陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常陽の関連キーワード茨城県東茨城郡大洗町磯浜町茨城県東茨城郡大洗町磯道茨城県東茨城郡大洗町大貫町茨城県東茨城郡大洗町神山町茨城県東茨城郡大洗町五反田茨城県東茨城郡大洗町桜道茨城県東茨城郡大洗町東光台茨城県東茨城郡大洗町成田町茨城県東茨城郡大洗町港中央茨城県東茨城郡大洗町和銅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常陽の関連情報