コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常騰 じょうとう

2件 の用語解説(常騰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常騰 じょうとう

740-815 奈良-平安時代前期の僧。
天平(てんぴょう)12年生まれ。法相(ほっそう)宗。興福寺で永厳(ようごん)にまなぶ。西大寺(一説に大安寺)にうつり,延暦(えんりゃく)22年近江(おうみ)(滋賀県)の梵釈寺(ぼんしゃくじ)別当,崇福寺検校(けんぎょう)をかねる。学匠で,六十余巻の経論(きょうろん)に注釈をくわえたという。弘仁(こうにん)6年9月4日死去。76歳。俗姓は高橋。著作に「註金光明最勝王経」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常騰

没年:弘仁6.9.4(815.10.9)
生年:天平12(740)
平安初期の法相宗の学僧。京都(または奈良)の人。俗姓は高橋氏。永厳に師事。興福寺から西大寺に移る。梵釈寺別当,崇福寺検校を兼ね,少僧都に昇進。教学に優れ63巻もの経論に注釈を加えた。<著作>『顕唯識疏隠文抄』10巻,『金光明最勝王経註』10巻

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常騰の言及

【梵釈寺】より

…当初は四天王寺と称したが,795年(延暦14)ころには梵釈寺と号し,堂塔の整備や封戸・水田・修理料の施入が行われ,禅師10人が置かれて王城鎮護の寺としての完成をみた。所蔵の典籍は,経営に力のあった等定(とうじよう)によって充実し,最澄は修行時代に《円頓止観》を借覧するなど有数の存在として知られ,以後唯識の学匠常騰(じようとう)(740‐815),嵯峨天皇行幸時に茶を献じた永忠(742‐816),円珍受法の師徳円ら学匠が止住し,名声は高まった。宇多天皇は十数回参詣し,梵釈寺僧に命じて四王像を造り,宮中に安置している。…

※「常騰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常騰の関連キーワード安高石川国助海雲(1)慈恒慈宝昌海仁秀品慧聞寂

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone