平仮名盛衰記(読み)ひらがなせいすいき

精選版 日本国語大辞典「平仮名盛衰記」の解説

ひらがなせいすいき【平仮名盛衰記】

浄瑠璃。時代物。五段。文耕堂・三好松洛浅田可啓竹田小出雲(二世竹田出雲)・千前軒(初世竹田出雲)合作。元文四年(一七三九)大坂竹本座初演。「源平盛衰記」から取材、木曾義仲討死から一ノ谷合戦までを背景に、梶原源太景季と腰元千鳥との恋を描く「源太勘当」から「神崎揚屋」や、義仲の遺臣樋口次郎兼光の忠節を描く「逆櫓(さかろ)」などを中心に脚色

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「平仮名盛衰記」の解説

平仮名盛衰記
(別題)
ひらがな せいすいき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
ひらがな盛衰記
初演
元文4.5(京・水木辰之助座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android