コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平伏 ヘイフク

デジタル大辞泉の解説

へい‐ふく【平伏】

[名](スル)両手をつき、頭が地面や畳につくほどに下げて礼をすること。ひれふすこと。「足下に平伏する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいふく【平伏】

( 名 ) スル
両手をつき、頭を地につけて礼をすること。ひれふすこと。 「玄関の左右に詰衆が-して/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

平伏の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻フランス(Anatole France)福島県双葉郡川内村上川内士・農工商・穢多非人福島県双葉郡川内村モリアオガエルチャクリー改革へいつくばる手を上げる蹲う・踞う羽を垂れるアオガエルラーマ5世川内(村)渋江抽斎大滝根山水戸黄門這い蹲うへたばる這い蹲る

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android