コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額突く/叩頭く ヌカズク

デジタル大辞泉の解説

ぬか‐ず・く〔‐づく〕【額突く/叩頭く】

[動カ五(四)]ひたいを地につけて拝礼する。ひたいが地につくほどに丁寧にお辞儀をする。「主の御前に―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬかずく【額突く】

( 動五[四] )
〔古くは「ぬかつく」と清音か〕
ひたいを地面につけて、礼拝する。 「神前に-・く」 「餓鬼の後しりえに-・くごとし/万葉集 608」 〔現代仮名遣いでは「ぬかづく」のように「づ」を用いて書くこともできる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報