三拝九拝(読み)サンパイキュウハイ

  • さんぱいきゅうはい ‥キウハイ
  • さんぱいきゅうはい〔キウハイ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 三拝の礼と九拝の礼。
② 何度も繰り返し礼拝して、敬意をあらわすこと。転じて、何度も頭をさげて人に物事を頼むこと。
※浄瑠璃・日高川入相花王(1759)一「御苦労や有難やと、三拝(ハイ)九拝夕霜御寮」
③ 手紙文で、末尾にしるして深い敬意を表わす挨拶(あいさつ)の語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

三拝の九拝の礼。転じて、何度も頭をさげて人に物事を頼むこと。手紙文で、末尾にしるして深い敬意を表す挨拶の語。

[活用] ―する。

[使用例] それをくのだけは何分にも勘弁していただきたい、と取調室にいるように三拝九拝していた[坂口安吾*日本文化私観|1942]

[使用例] ここは女房三拝九拝、「すまない、すまない」を連発しながら、ヘソクリをちょうだいして〈脱兎のごとく飛び出してきたのではなかろうか[安岡章太郎*私説聊斎志異|1975]

[解説] 「拝」も「拝」も深い敬意を表す礼。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android