コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平元梅隣 ひらもと ばいりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平元梅隣 ひらもと-ばいりん

1660-1743 江戸時代中期の儒者,俳人。
万治(まんじ)3年5月8日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士平元正芳の次男。延宝7年京都にでて医術をまなび,朴玄と名のる。金蘭斎(こん-らんさい)とまじわる。晩年は帰郷して俳諧(はいかい)を梅津其雫(きだ)にまなんだ。寛保(かんぽう)3年8月17日死去。84歳。通称は小助,仲弼(なかすけ)。別号に月潭。著作に「梅の月」「中庸私説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

平元梅隣の関連キーワード森田勘弥チャールズ伊達騒動チャールズ小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志タスコ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone