コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平元梅隣 ひらもと ばいりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平元梅隣 ひらもと-ばいりん

1660-1743 江戸時代中期の儒者,俳人。
万治(まんじ)3年5月8日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士平元正芳の次男。延宝7年京都にでて医術をまなび,朴玄と名のる。金蘭斎(こん-らんさい)とまじわる。晩年は帰郷して俳諧(はいかい)を梅津其雫(きだ)にまなんだ。寛保(かんぽう)3年8月17日死去。84歳。通称は小助,仲弼(なかすけ)。別号に月潭。著作に「梅の月」「中庸私説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

平元梅隣 (ひらもとばいりん)

生年月日:1660年5月8日
江戸時代中期の医師;俳人
1743年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

平元梅隣の関連キーワード平元仲弼生年月日医師儒者梅隣万治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android