コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平物 ヒラモノ

デジタル大辞泉の解説

ひら‐もの【平物】

菊の園芸品種で、単弁の花びらが平らに開くものの総称。
能楽で、特に習い物でない、普通の曲。
邦楽で、特に秘曲許し物でない、普通の曲。
演劇などの大道具のうち、切り出しのような平面的なもの。→丸物(まるもの)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらもの【平物】

平咲きの単弁菊花。 → 厚物
形の平たい皿・鉢の類の陶磁器。
能で、習い物でない普通の曲。
歌舞伎の大道具の一。平たい板を切り抜いて、立木などに見せかけるもの。きりだし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平物の言及

【習】より

…なにをもって習とするかは,シテ方・ワキ方・狂言方・囃子方の各役,および各流派,能・素謡・仕舞などの演奏形式によって違う。したがって,シテ方では習物でも,他の役では平物(ひらもの)であるとか,仕舞は平物でも謡は習物であるとかいう例も生ずる。しかし,一般に大曲,秘曲と目されている演目,たとえば能の《石橋(しやつきよう)》や《道成寺》,老女物の《姨捨(おばすて)》《関寺小町》《檜垣》《鸚鵡(おうむ)小町》《卒都婆小町》など,また狂言の《釣狐》《花子(はなご)》などは,各流派,各役種とも習に扱っている。…

【平曲】より


[構成と音楽的性格]
 《平家物語》は〈小督〉〈宇治川〉など200余の章段からなるが,平曲ではその章段を〈句〉とよぶ。前田流の分類によると,句は〈平物(ひらもの)〉〈伝授物〉〈灌頂巻(かんぢようのまき)〉〈大秘事〉〈小秘事〉に分けられる。〈平物〉は普通に教授される曲であり,〈伝授物〉は平物を50句ないし100句おさめたあとに伝授され,《腰越》などの〈読物(よみもの)〉,《都遷》などの〈五句物〉,《清水炎上》などの〈炎上物〉,《源氏揃》などの〈揃物(そろいもの)〉の曲がある。…

※「平物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平物の関連キーワード坂東三津五郎(10世)桜井和泉太夫(1世)切り出し・切出し倭仮名在原系図モザイクタイル桜井丹波少掾宇治の姫切坂東巳之助村岸 文輔熊野参詣岡清兵衛竹生島詣殿上闇討阿古屋松初瀬六代卒都婆流捲り切り林家英平三等重役中村武志

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android