コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平盛国 たいらのもりくに

3件 の用語解説(平盛国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平盛国
たいらのもりくに

[生]永久1(1113)
[没]文治2(1186).7.25. 鎌倉
平安時代末期の武将。下総守季衡 (すえひら) の7男。左衛門尉,伊勢守。平清盛に仕えた。承安2 (1172) 年 10月,出家。清盛が没したのは,京の九条河原口の盛国の家であった。源平の合戦 (→治承の内乱 ) に活躍したが,文治1 (85) 年壇ノ浦の合戦で敗れ,平宗盛とともに捕えられて鎌倉に護送され,岡崎義実に身柄を預けられると,日夜無言,常に『法華経』に向っていたが,翌年断食して死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平盛国 たいらの-もりくに

1113-1186 平安時代後期の武将。
永久元年生まれ。平清盛の側近で保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱に活躍。元暦2年壇ノ浦の戦いで捕らえられ,平宗盛らと鎌倉におくられたが,文治2年7月25日断食して死んだといわれる。74歳。通称は主馬判官。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平盛国

没年:文治2.7.25(1186.8.11)
生年:永久1(1113)
平安末期の武士。季衡の子。平氏(忠盛,清盛の一族)の家来。左衛門尉,検非違使,伊勢守などの役職につき,主馬判官と呼ばれた。保元・平治の乱にも参戦し,清盛の側近として活躍。承安2(1172)年に出家した。文治1(1185)年,源氏方に捕らえられ鎌倉に送られる。岡崎義実に預けられるが,断食を決行し翌年死去した。養和1(1181)年に清盛が没した場所が,京都九条河原口の盛国の家であったことから,側近中の側近であったことが窺われる。

(高橋慎一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平盛国の関連キーワードアルキル基階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学永久三角数桂文治(4代)(2)全玄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone