コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平盛国 たいらのもりくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平盛国
たいらのもりくに

[生]永久1(1113)
[没]文治2(1186).7.25. 鎌倉
平安時代末期の武将。下総守季衡 (すえひら) の7男。左衛門尉,伊勢守。平清盛に仕えた。承安2 (1172) 年 10月,出家。清盛が没したのは,京の九条河原口の盛国の家であった。源平の合戦 (→治承の内乱 ) に活躍したが,文治1 (85) 年壇ノ浦の合戦で敗れ,平宗盛とともに捕えられて鎌倉に護送され,岡崎義実に身柄を預けられると,日夜無言,常に『法華経』に向っていたが,翌年断食して死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平盛国 たいらの-もりくに

1113-1186 平安時代後期の武将。
永久元年生まれ。平清盛側近保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱に活躍。元暦2年壇ノ浦の戦いで捕らえられ,平宗盛らと鎌倉におくられたが,文治2年7月25日断食して死んだといわれる。74歳。通称は主馬判官。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平盛国

没年:文治2.7.25(1186.8.11)
生年:永久1(1113)
平安末期の武士。季衡の子。平氏(忠盛,清盛の一族)の家来。左衛門尉,検非違使,伊勢守などの役職につき,主馬判官と呼ばれた。保元・平治の乱にも参戦し,清盛の側近として活躍。承安2(1172)年に出家した。文治1(1185)年,源氏方に捕らえられ鎌倉に送られる。岡崎義実に預けられるが,断食を決行し翌年死去した。養和1(1181)年に清盛が没した場所が,京都九条河原口の盛国の家であったことから,側近中の側近であったことが窺われる。

(高橋慎一朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平盛国の関連キーワード平野忠彦平盛俊平盛久没年合戦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android